あっと驚くマナド(メナド)の民間療法

マナド人は真面目に心から信じていますので、笑ってはいけません!(笑)
新ネタが入りましたら逐一更新します。

ものもらいを治す方法 その1

用意するもの:
足の親指。自分の足が届かなければ、他人の足を拝借しても良い。
治療方法:
足の親指で患部を皮膚の上から3回こする。事前に足を洗ってはいけない。
解説ほか:
「ものもらい」が親指にうつって治る仕組み。事前の足洗いがNGなのは、清潔な足だと吸引力に劣るから。

ものもらいを治す方法 その2

用意するもの:
トウモロコシ一粒
治療方法:
トウモロコシの粒で患部を皮膚の上から3回こする、使用した粒は庭や道に放って捨てる。
解説ほか:
捨てた粒を放し飼いの鶏が食べることで、鶏に「ものもらい」がうつって治る仕組み。鶏がそれを食べない可能性は考えない。

寝違えを治す方法

用意するもの:
枕。普通の枕でも良いが、抱き枕があれば尚可。
治療方法:
患者の不意をついて枕で患部を叩く。
解説ほか:
びっくりした瞬間に寝違えが元に戻って治る仕組み。

急な胃痛を治す方法

用意するもの:
灯油少々
治療方法:
灯油で患部をマッサージする。
解説ほか:
特に無し

飛び火のようなブツブツを治す方法

用意するもの:
石灰とレモン
治療方法:
石灰とレモン汁を混ぜたものを毎日塗る。ブツブツが引くまで水浴びは厳禁。海水に触れるのもダメ。
解説ほか:
特に無し

風邪を引いたらクロッキン

クロッキン
用意するもの:
500ルピア硬貨(銅色のものがあれば尚可)とミニャック・カユ・プティ(万能油)
治療方法:
ミニャック・カユ・プティを背中に垂らし、500ルピア硬貨で首筋から腰の辺りまで放射線状にこする。終わった後はそのまま流さず、風にも当たらず、タオルケットに包まって寝る。
解説ほか:
体に毒素が溜まっていると写真のように赤くなる仕組み。これは気持ちいいです!

じゃらんじゃらん@マナドへ戻る