マナド(メナド)に関するキーワード

やしの木が風にそよぐ地

やしの木が風にそよぐ地 (Bumi Nyiur Melambai)

北スラウェシ州は「やしの木が風にそよぐ地/ブミ・ニウル・ムランバイ」という愛称で呼ばれています。海岸線に続く広大な椰子林から名付けられたそうです。当サイト名はこれを拝借しました。
人は人のために生きる

人は人のために生きる (Sitou Timou Tumou Tou)

古来よりミナハサに伝わる格言で、オランダ植民地時代にサム・ラトゥランギが民衆の心を一つにすべく広めたことからポピュラーとなりました。この言葉は空港の正面にも書かれています。
私たちはみな兄弟

私たちはみな兄弟 (Torang samua basudara)

こちらはマナド語による北スラウェシのモットー。各種イベントでのスピーチの中にもよく登場する言葉です。
マナド(メナド)はティヌトゥアンの街

マナドはティヌトゥアンの街 (Manado Kota Tinutuan)

様々な宗教や種族のハーモニーの上に成り立つマナドは、(様々な野菜のハーモニーが味の決め手となる)ティヌトゥアンのように味わい深い街です、という意味だそうです。
唐辛子(リチャ)

リチャ (Rica)

北スラウェシはインドネシアで1、2を争う激辛地帯。マナド人が大好きな唐辛子はマナド語でリチャ(rica)と呼ばれ、マナド料理にはロンボク島生まれの辛~い赤唐辛子と青唐辛子が欠かせません。
チトラ・ランドのキリスト像

ミナハサ (Minahasa)

esa(one)が語源となるミナハサは、多様な種族の融合を意味します。北スラウェシのマジョリティで7つの種族から成るミナハサ人は、敬虔なクリスチャンです。また、マナドトモホンビトゥンの3市にミナハサ各県を含めたエリアをミナハサ・ラヤ(大ミナハサ)と呼びます。
カワヌア (Kawanua)

カワヌア (Kawanua)

家族や国という意味の言葉で、北スラウェシ出身者を示す一人称としても使われます。カワヌア・コミュニティーは日本、アメリカをはじめ世界各国に広がっています。
マナド(メナド)人とミナハサ人

マナド人とミナハサ人

マナド人とミナハサ人の違いをご存知ですか? “マナド人”とは、複数の民族からなる北スラウェシ出身者の総称で、その4割を占めるのがミナハサ人です。他にはサンギへ人、タラウド人、ボラアン人、モゴンドウ人、ゴロンタロ人などがマナド人を構成しています。
見栄っ張りで派手好き、お祭り好き

見栄っ張りで派手好き、お祭り好き

見栄っ張り度が高めなインドネシアのなかでも、特にマナド人は自他共に認める見栄っ張りでお祭り好き。土地や車を売ったり借金してでも盛大な結婚披露宴をし、誕生日はもちろん、結婚記念、卒入学記念、引越し、バレンタインなど何かにつけては宴を開き、食べて、呑んで、歌い、踊り、散財します。
ミナハサ人の食文化

ミナハサ人の食文化

四足はテーブル以外何でも食べる、これはミナハサ人の食文化にも当てはまりそうです。例をあげると、犬、コウモリ、ネズミ、サル、ヘビなど。市場ではこれらの食材が売られ、ミナハサ料理店ではこれらの料理を味わうことができます。
ネズミ印(Cap Tikus)

ネズミ印 (Cap Tikus)

イスラム人口世界一のインドネシアではジュースで乾杯が一般的。でもマナドは治外法権。女性だって飲みます。チェップ・ティクスに代表されるアルコール度数の高い地酒が好まれ、呑んで、歌って、踊っての賑やかな酒宴になりますが、泥酔者も出るので他所の宴には近づかないことです。
Jo!

ジョ! (Jo!)

マナド語を代表するといっても過言でないほど、マナド人は日常会話で「ジョ!」を連発します。意味は「さあ○○しよう!」、「○○だよ」、「○○してよ」などの他に、単にアクセントとして使われることも。使い方はこんな感じ↓です。

マリ・ジョ!=誘い文句 / マカン・ジョ!=食べよう or 食べなさい or 召し上がれ / ビアール・ジョ!=お構いなく / ムカ・ジョ!=停めて!(乗合バス降車の合図)

リマ・ベー

リマ・ベー (5B)

北スラウェシ名物の頭文字を5つあわせてリマ・ベー(5B)といいます。

1B. Boulevardボレファール
かつては夕暮れ時になると“長いベンチ”と呼ばれた防波堤に沿って屋台が並び、夜が更けると夜の蝶(その筋の女性)が立つことで知られたボレファール。21世紀に入るとマナド湾の埋め立てが進み、規模を拡げて生まれ変わった新生ボレファールはマナド近代化の象徴です。→ カタカナ表記について

2B. Bubur Manado (ブブール・マナド)
マナドを代表する郷土料理。ティヌトゥアンとも呼ばれる野菜がたっぷり入ったお粥です。

3B. Bibir Manado (ビビール・マナド)
直訳するとマナドの唇。北スラウェシは西ジャワと並ぶ美人の産地として知られ、Bibir Manadoはマナドの美しい女性、いわゆる「マナド美人」を指します。そして「ブブール・マナドはもう味わったけど、ビビール・マナド(この場合は男女可)はまだだなぁ...」とか言ってみると大抵ウケます。

4B. Bunakenブナケン
世界的なダイビングスポットとして知られるブナケン・マナドトゥア国立海洋公園です。

5B. Bukit Kasihブキッ・カシ/愛の丘)
キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教の教えを記したモニュメントのそばで源泉が湧き出るミナハサ高原の地獄谷です。(個人的には1B~4Bと比較すると小物感が漂う印象を受けますが...)