マナド(メナド)の両替事情

インドネシアの通貨の単位はルピア(Rupiah)といい、Rp.と表記されます。
マナドでは空港、両替商、一部の銀行やホテルなどで日本円や米ドルからルピアに両替できます。円のレートはジャカルタやバリ島に比べると劣ります。

円や米ドルなど両替時の注意点

インドネシアでは、1996年以前に発行された全ての米ドル紙幣、2001年に発行されたシリアルナンバーがCBで始まる100米ドル紙幣は両替できません。これは偽札が多く出回ったための措置と言われています。また、円でも米ドルでも、汚れ・シミ・落書き・切れ目・スタンプ・ホッチキス跡などがある紙幣は受取り拒否されることが多く、たとえ両替できたとしてもレートを下げられます。

マナド(メナド)の代表的な両替所

ラ・トゥンルン

ラ・トゥンルン (La Tunrung)

南スラウェシのマカッサルに本部を置く両替商。北スラウェシではマナドのボレファールビトゥン中心部に支店があります。
空港の両替所

空港の両替所

空港の到着出口を出たところにあります。円のレートは、日本の空港で両替するよりも良く、マナド市中で両替するよりも悪い、といったところです。
銀行

銀行

日本円の両替は受付ない銀行もありますので窓口で確認してください。土曜、日曜、祝祭日は窓口休業、ATMのみ営業。
ATM

ATM

マナドトモホンビトゥンの中心部なら、クレジットカードや国際キャッシュカードが利用できるATMを簡単に探せます。利便性を考えると、クレジットカードでルピアをキャッシングするというのも手です。