サム・ラトゥランギ国際空港

マナドの郊外にあるサム・ラトゥランギ国際空港(MDC)。空港名は北スラウェシが生んだインドネシア国家独立の英雄サム・ラトゥランギにちなんでいます。

2015年11月現在、マナドに就航している航空会社は、シルクエアーガルーダインドネシア航空ライオン航空ウィングス航空スリウィジャヤ航空バティック航空シティリンク航空エクスプレス航空

空港内には、ATM、両替所、飲食店、コンビニ、土産物店、マッサージ店があり、館内では無料wifiが使えます。

観光ビザ免除で出入国

サム・ラトゥランギ国際空港は観光ビザ免除で入国できる空港です。30日以内の観光目的で入国する場合に限りビザ免除による出入国が可能です。ただし、滞在期間の延長はできません。

空港からマナド中心部まで

空港からマナド中心部までは約13km、車で約30~50分。メーター制タクシーでRp.100,000程度です。

空港の外からミクロレットを利用してマナド中心部へ向かう場合は、パアルドゥア・バスターミナルでパサール・ウンパッリマ(Pasar45)行きのミクロレットに乗り換えます。

空港ターミナル

空港ターミナル

ATM

ATM

マナド国際空港 飲食店

飲食店

メナド国際空港 出発ロビー

出発ロビー

メナド国際空港 出発ロビーのステンドグラス

出発ロビーのステンドグラス