北スラウェシ偉人伝

サム・ラトゥランギ (Dr. Gerungan Saul Samuel Yacob Ratulangi)

1961年11月9日の大統領令により、インドネシア国家独立の英雄に定められました。

マナド(メナド)のサム・ラトゥランギ像

サム・ラトゥランギ像

1890年11月5日トンダノ生まれ。トンダノ、ジャカルタで学んだ後にオランダへ留学、1915年にオランダで数学の教員免許を取得、1919年にはスイスで科学と数学の博士号を取得しました。その傍ら、オランダ時代はインドネシア人学生協会の代表を務め、スイス時代はアジア人学生協会の代表を務めていました。

ヨーロッパから戻ったサム・ラトゥランギは、ジャワ島ジョクジャカルタの高校で数学を教え、バンドゥンでは保険会社の設立に携わり、1924~1927年にかけてはマナドのミナハサ協議会で書記官を務めました。書記官時代に指導した教育基金設立、農地開拓などの活動は、後にオランダによる強制労働の撤廃に繋がりました。

1927年、Volksraad のメンバーに推薦されたサム・ラトゥランギは再びジャワ島へ。オランダ人とインドネシア人の間にある政治、経済、教育上の不平等の撤廃を訴える一方で、Persatuan Kaum Sarjana Indonesia(インドネシア学者連盟)を設立。アミン博士と共に月刊誌 Peninjauan を発刊し、著書 Indonesia in de Pacifik を発表。1938~1942年には政治専門誌 Nationale Commemtaren の編集にも携わりました。また、日本占領時代にはインドネシア共和国独立準備委員会の委員を務めました。

インドネシア独立宣言後はスラウェシの初代知事に任命されましたが、当時のスラウェシは依然オランダの手中にあり、1946年4月5日にオランダに捕らえられ、3年間パプアに幽閉されました。その後一旦は釈放されるも再びオランダによって捕縛され、1949年7月30日、ジャカルタにてオランダの捕虜として生涯を終えました。墓地は後に故郷のトンダノへと移されています。

マリア・ワランダ・マラミス (Maria Walanda Maramis)

1969年5月20日の大統領令により、インドネシア国家の英雄に定められました。

マナド(メナド)にあるマリアの像

マリア・ワランダ・マラミス像

1872年12月1日、北ミナハサ県アイルマディディ近郊の港町ケマに三人兄弟の末っ子として出生。両親が立て続けに亡くなり6歳で孤児となったマリアは、姉や兄とともにマウンビで村長を務める叔父のもとに引き取られました。当時のミナハサ女性は上級学校への進学を許されておらず、マリアが受けた学校教育は小学校のみでした。

しかしその後、聖職者テン・ホーフンをはじめとする知識人との交流を通して見聞を広めたマリアは、女性の地位向上のために尽くしたいという夢を持つように。女性は家庭を切り盛りするためのノウハウを学ぶ機会が必要だと考えたのでした。

1890年、教師のジョセフ・ワランダと結婚したマリアは、夢の実現に向けて大きな可能性の扉を開きます。そして1917年7月、夫や仲間の援助を受けて、小学校を卒業した女性に料理、裁縫、子育てなどを教えるPIKAT(Percintaan Ibu Kepada Anak Turunannya/母から子への愛)の設立に漕ぎ付けました。

民衆から高い支持を受けたPIKATの活動は、短期間でジャワ島やカリマンタン島まで広がり、いくつかの新聞でも取り上げられました。1918年6月には念願の女性向けの学校をマナドに設立するに至ったものの、教師は全て無給のボランティア。年々発展し続けるPIKATは資金面で常に大きな問題を抱えていましたが、1920年、PIKATの噂を耳にして学校を訪問したオランダ人知事からの援助を得ることに成功しました。

女性の地位向上のために尽くしたマリアは、1924年4月20日天に召され、故郷であるマウンビに葬られました。

典拠資料

Album Pahlawan Bangsa, PT. Mutiara Sumber Widya