マナド(メナド)のスナック・菓子・酒類

クラパ・タルト

クラッパー・タルト (Klaper taart)

植民地時代にオランダ文化の影響を受けて生まれたお菓子。若いココナツの果肉をふんだんに使い、クリーミィーで爽やかな甘味が特徴。メレンゲが山盛りになっているのを選ぶのがポイントです(メレンゲが少ないと甘すぎて美味しくない)。名前はタルトですが、クッキー生地の皿の部分はありません。
ラランパ

ラランパ (Lalampa)

もち米をバナナの葉で包んで焼いたマナド版の焼きおにぎり。具はピリ辛味のカツオ or ツナフレーク。ちょっと小腹が空いたときにピッタリな軽食です。
ナシ・ジャハ

ナシ・ジャハ (Nasi jaha)

バナナの葉を敷いた竹筒にもち米とスパイスを詰め、竹筒ごと直火で炊いた、シナモン風味のマナド版“おこわ”です。イベントでもよく見かける一品で、長さ1mほどの竹筒のままお土産になったりもします。
ゴフ

ゴフ (Gohu)

酢、赤わけぎ、唐辛子、椰子砂糖などを使った、甘辛ではなく、甘くて辛くて酸っぱいパパイヤの酢漬け。熟す前の若いパパイヤを使うのが一般的ですが、若いマンゴーや瓜などでも作られます。
バラピス

バラピス (Balapis)

ココナツミルク、タピオカ粉を使い、ココアパウダーやハーブで色づけをした、ういろうのような食感のお菓子です。
パナダ

パナダ (Panada)

餃子やピロシキのような形をした揚げパンで、生地のほのかな甘味と、ツナ or カツオを甘辛く煮た具のバランスが絶妙。マナドで最もポピュラーな調理パンです。
チュチュール

チュチュール (Cucur)

もち米粉に椰子砂糖とシナモンを加え、椰子油で揚げたお菓子。周りの独特な形は整形したものではなく、揚げると自然にできる形だそうです。
クエ・クッ

クエ・クッ (Kue kuk)

摩り下ろしたココナツを椰子砂糖やバターで甘く煮たウンティ(unti) or 緑豆のあんを、食紅で着色したもち米粉の生地で包んだお菓子。見た目は派手ですが味はまるで和菓子です。
バッパオ

バッパオ/ピアポン バ (bakpao/Biapong BA)

中国伝来のマナド版の肉まん(写真右)。具の豚肉はもちろん弾力のある生地も美味しく、一つでお腹一杯になるサイズ。肉まん・あんまんの本場とされるのがトモホン近郊のカワンコワンです。
バ・ピア

バッパオ/ピアポン (bakpao/Biapong)

マナド版のあんまん。具は摩り下ろしたココナツを椰子砂糖やバターで甘く煮たウンティ(unti) or 緑豆のあん。ウンティは甘さが強くしつこめの味、緑豆のあんは甘さ控えめでさっぱりしています。
ハルア・カナリ

ハルア・カナリ (Halua kanari)

生のカナリ(アーモンドの一種?)を砕き、火であぶって乾燥させた後に、椰子砂糖をからめたお菓子。甘さの最後にほろ苦さが残ります。ピーナッツを使ったものはハルア・カチャンと呼ばれます。
バゲア

バゲア (Bagea)

サブレのようなサクサクとした食感のサゴ粉のクッキー。形や味のバラエティが大変豊富で、写真のバゲアはシナモン風味。サゴ粉を使ったバゲアの親戚とも言えるお菓子にサグ・ケジュやバンケットがあります。
カワンコワン

カワンコワン (Kawangkoan)

こちらはお菓子ではありませんが、トモホン近郊のカワンコワン村で栽培されている、その名もカワンコワンと呼ばれる落花生。北スラウェシの特産品の一つです。

マナド(メナド)のお酒

チェップ・ティクス

チェップ・ティクス (Cap tikus)

セホ(Seho/椰子の一種)の樹液を発酵後に加熱したアルコール度数の高い椰子酒。ワルンと呼ばれる萬屋で売られています。炭酸飲料や粉末ジュースの素で甘味をつけ、1つのグラスを回して一気飲みするのがマナド流ですが、シンプルにロックやストレートで飲んだ方が美味しいと思います。
サグエル

サグエル (Saguer)

チャップ・ティクス同様セホの樹液から醸造されますが、加熱はしないのでマイルドな口当たりです。甘味と酸味の2種類があり、そのままストレートで飲みます。

チャンピオン (Campion)

カセガラン

カセガラン (Kasegaran)