トモホン、トンダノ(ミナハサ高原)

トモホン、トンダノ

トアル・ルミムウットの地とも呼ばれるトモホン、トンダノ(Tomohon、Tondano)を中心とするミナハサ高原は、「ミナハサ高原を知らずに北スラウェシは語れない」と言われる、北スラウェシの文化の中心地です。

マナドからおよそ25km。涼やかな高原の景色は美しく、野菜や花の産地としても有名で、色鮮やかな花々、果物、野菜が並ぶ伝統市場、火山、温泉、遺蹟、古い歴史を持つ教会、大農園の段々畑などの数多くの見どころがあります。

Kota Bunga(花の街)を自称するトモホンでは、2年に1度トモホン・フラワー・フェスティバルが開催されます。また、インドネシアでは西ジャワと並ぶ「美人の産地」として知られるマナドですが、マナド美人の本拠地もこの一帯です。

トモホン、トンダノへのアクセス

マナドから車で40~50分。公共交通機関を使用する場合は、カロンバサンとアイルマディディのバスターミナルからトモホン、トンダノ方面へのバスが出発します。しかしトモホン、トンダノに着いてから先の交通の便は良くありません。ミナハサ高原に点在する見どころを効率よく廻るには、車をチャーターするかツアーの利用が便利です。

トモホン、トンダノの主要ポイント

ティノール絶景ポイント

ティノール (Tinoor)

マナドからトモホンへ向かう途中のくねくねした山道にある絶景ポイント。マナド市街はもちろんブナケン島、マナドトゥア島まで眼下に望め、ヘン・ミンに代表されるミナハサ料理の店が並んでいます。
ミナハサ式木造家屋

ミナハサ式木造家屋 (Rumah Kayu Minahasa)

北スラウェシ内外で人気の木造家屋。ウォロアン(Woloan)村の展示場を兼ねた建築現場では、住宅内部を自由に見学できます。ミナハサ式木造家屋は、買い手が付くと全て解体し、現地で再び組み立てられます。
カリ滝

カリ滝 (Air Terjun Kali)

北スラウェシで最も美しい滝のひとつ。熱帯雨林に覆われた美しい渓谷の景色と、マイナスイオンたっぷりの天然水シャワーでリフレッシュできます。
マハウ山

マハウ山 (Gunung Mahawu/1,311m)

向かいにロコン山を望む山頂では、硫黄を放出するカルデラ湖はもちろん、マナド市街やブナケン国立公園までの大パノラマを楽しめます。登山道がコンクリート仕様の階段(手すり付き)にかわり、楽々登れるようになりましたが、ハイカーには少し残念な感じに...
ルルカン・ビレッジ

ルルカン (Rurukan)

マハウ山の麓に広がる段々畑が絵画のように美しい野菜農園。アグロ・ツーリズム・ビレッジとして売り出し中のルルカン村には簡素な宿泊施設があり、村の高台からは感動的な日の出も拝めます。
パサール・トモホン

パサール・トモホン (Pasar Tomohon)

トモホンのバスターミナルに隣接する伝統市場。四足はテーブル以外何でも食す派であろうミナハサ人の食文化を支える場所で、犬、猫、ネズミ、コウモリ、ヘビ、サルなどの肉も売られています。そういうのが苦手な方は、その一角を避ければ大丈夫です。
→ じゃらんじゃらん@パサール(伝統市場)
トンダノ湖

トンダノ湖 (Danau Tondano)

4,278ヘクタールの広大なカルデラ湖。湖畔では鯉など淡水魚の養殖が行われ、湖畔の水上レストランでは鯉料理や、周辺の湿地帯で栽培された新鮮なカンクン(空芯菜)料理が堪能できます。
リノウ湖

リノウ湖 (Danau Linow)

湖水を色とりどりに変化させる硫黄濃度の高い小さな湖。湖畔には高原の涼やかな空気に包まれ、のんびーり過ごすのに最適なカフェもあります。
ラヘンドンの硫黄温泉

ラヘンドン (Lahendong)

緑の中に突如現れる源泉。硫黄臭が漂うなか、あちこちからボコボコと湧き出るダイナミックな源泉を間近で眺めることができます。敷地内にはとても簡素な個室浴場があります。
ブキッ・カシ/愛の丘

ブキッ・カシ/愛の丘 (Bukit kasih)

キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教の教えを記したモニュメントがあり、“4つの宗教の聖地”がキャッチフレーズのミナハサの地獄谷。湧き出る源泉に沿って続く階段を登って雄大な景観を楽しめます。温泉プールがあり、温泉トウモロコシも売っています。
ワトゥ・ピナベテガン

ワトゥ・ピナベテガン (Watu Pinabetengan)

古代ミナハサ人が残した巨石で、高さ約2m、全長約4m、表面には未解読の文字が刻まれています。その昔、ミナハサの7つの種族の長がここに集って決議の採択をしていたと言われています。
陶器のプルタン村

プルタン (Pulutan)

トンダノ湖にほど近いプルタンは、北スラウェシで唯一の陶芸の村。村のほとんどの家が陶芸に携わり、家々の軒先にはグラス、皿、花瓶、壷、テーブルや椅子などの陶器が所狭しと並べられています。運が良ければロクロを回す作業風景を見ることもできます。
ベンテナン・センター

ベンテナン・センター (Pusat Bentenan)

ベンテナン・イカットの機織り工房、染め工房、展示販売所。ミナハサ県のソンデール(Sonder)にあります。
ミナハサ人の石棺ワルガ

ワルガ (Waruga)

800~1200年前に作られた屋根付きの石棺。かつては家々の庭や道端に建っていたものが、オランダ統治時代の命令で共同墓地に集められ今日に至ります。保存状態の良いワルガは、トモホン郊外のウォロアン村、北ミナハサ県のサワンガン村に数多く残っています。
ホワイト・ウォーター・ラフティング

ホワイト・ウォーター・ラフティング

中級クラスのラフティングは、マナドから車で1時間半のニマンガ川で。マナドから車で3時間のラノヤポ川では、1泊2日で本格的なラフティングツアーが催行されています。

関連ページ

謝辞

トモホン情報をまとめるにあたり、Ongky Poluanさんに多大なご協力をいただきました。ありがとうございました!